日本の不用品は海外では価値のあるものに

>

違法業者も多い業界

海外のゴミを増やしてしまう

回収業者には処理するものは正規の処理をして、使えそうなものはしっかり再利用する健全な業者が多いのですが、無料回収業者のほとんどは、リスク以上にリターンを狙っている悪質な業者も存在しています。

海外輸出の回収業者が回収した製品のほとんどは海外に輸出されます。
日本で売られている現行の最新製品より質が落ちていたとしても、日本製というブランド力があります。
業者はその利益を狙っており、正規の処理をしていない可能性があります。
エアコンや冷蔵庫等は正規のルートで処理をしないと、フロンガスを排出させる可能性がありますので、環境問題や健康問題を引き起こします。
違法に輸出された回収品は正規のルートで処理されないことが多く、国際問題にも発展しています。

不用品回収は違法ではない

よく間違われやすいのが、不用品回収自体が違法と思われていることです。
不用品回収は違法ではなく、一般廃棄物収集運搬の許可を得ていれば回収は可能です。
しかし、リユースを目的とした回収であれば古物商の許可も必要ですので注意しましょう。

なぜ不用品回収が違法と間違われてしまうのでしょうか。
1番目立つ理由に、国の許可を得ずに回収している業者がいることです。
許可を得ていないということは処理も正規ではないので、不法投棄されてしまいます。
このことがニュースに流れることによって悪いイメージを作っているのです。
他には輸出先での処理が不適切であったために問題視されてしまい、違法という言葉が先行してしまっているためです。


この記事をシェアする