日本の不用品は海外では価値のあるものに

>

海外輸出はゴミを減らす

廃棄しないがモットー

不用品を廃棄することで、日本のゴミが増え続けています。
その問題に着手して、不用品を廃棄しない回収業者が増えています。
不用品を廃棄しないと言うキャッチフレーズが、不用品の扱いに困っている人を中心に集客しています。

不用品を廃棄しない理由は、日本で売れないすべてを商品を海外で売っているからです。
そして、海外で売れる理由は先進国の商品であることと、安全性が高いことで日本製品はブランド化されているからです。
特に、東南アジアですと技術が発展しておらず、家電のような便利な製品が不足しているのです。
日本で利用価値がないとされている物は、必要とされている国では価値のある物なのです。

このように不用品と思っていたものも海外では売れるため、ほとんどの不用品は廃棄せずに済みます。

ゴミの削減に取り組む業者

海外に輸出する不用品回収業者の中には、ゴミの削減を謳っている業者もあり、環境での社会貢献をしています。

東南アジアでは大家族が多く、大きな家具や大量の食器を必要としています。
日本の古い家具は材質が良く、丈夫だということで東南アジアでは重宝されているのです。
日本では古くて価値のないものはゴミとして扱われます。
特に食器などは中古品として嫌われやすいのですが、東南アジアでは喜んで使ってもらえます。

こうした需要のある所への輸出が、ゴミの削減につながっています。
海外では日本と生活習慣が違いますので、日本では使わないようなものでも、海外では重要なものだったりするのです。
日本ではゴミが増える一方ですので、回収物が廃棄されないことは環境とって良いことです。


この記事をシェアする